ホーム

【期間限定】特別仕込みそ販売のお知らせ

山崎醸造 特別仕込みみそ

技術の伝承を目的に、若手蔵人が自分の理想とする味噌をつくりました。本来であれば品評会に出品するはずの、社内審査を突破した2名の味噌を販売します。原価も手間も度外視した“幻”のみそをこの機会にお試しください。

越後みそ  蔵人 柳田真也

蔵人 柳田真也

たっぷりの米糀に北海道産大粒大豆を合わせ、まろやかに仕上げました。口当たりが良く、みそ汁だけでなく、このまま「もろきゅう」で食べて頂きたいおみそです。

山崎醸造 柳田真也
蔵人 柳田真也

通常通りの平常心を心掛け、米糀の良さを十分に反映させるように、原料を厳選しました。

越後みそ  蔵人 長谷川俊

蔵人 長谷川俊

大豆の一部を糀にして、米糀と合わせて仕込みました。赤みの色合いが冴えた、濃厚な仕上がりです。まろやかで、しっかりとした旨味が凝縮されたおみそです。

山崎醸造 長谷川
蔵人 長谷川俊

普段使用しない「豆糀」に挑戦し、2つの糀の良い点を融合することができました。

販 売 要 綱

販売方法 5月19日~29日まで予約受付、6月上旬お届け

予約方法 電話、FAX、メールまたは、HPから

販売数量 2種類400gを各1個 200セット限定

販売価格 1セット2,160円(+運賃手数料880円)

例年5月に新潟県味噌醤油協同組合の主催で「新潟県みそ・しょうゆ品評会」が開催されておりました。本年も5月19日に開催予定でしたが、昨今のコロナウィルスの影響により、やむなく中止となりました。当業界にとりましては、大変大きなイベントで、蔵人たちはこの日のために、日々研鑽を積んでおります。

当社でもここ数年はベテランの蔵人に若手の蔵人をつけ、技術の伝承を大きなテーマとして取り組んでおりました。その機会が「コロナウィルス」によって、なくなってしまうことは、未来の品質の後退につながってしまう恐れがあります。

このような事態を受け、当社では独自に若い蔵人の渾身の逸品を評価して、技術の研鑽を奨励することとなりました。過日社内評価会を実施し、優秀な2品を選びました。蔵人が手間暇、コストを惜しまず、もてる技術を駆使した製品で、数量も少なく、価格も付けられないため、今までは門外不出にしておりました。しかし、この度の事態で全く社外の人にご評価いただけないのは残念でありますので、特別に製品の一部を上記の要綱で特別販売させていただくこととなりました。ぜひ、ご家庭で蔵人の心意気をご堪能いただき、ご感想をいただければ幸いです。

山崎醸造株式会社

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう